包茎手術の料金相場

 

包茎手術には料金はいくらぐらいかかる?

 

包茎手術の相場は、その状態と手術を受ける病院によって相場が違ってきます。
まず包茎には真性と仮性がありますが、保険適用となるのは真性とカントン包茎のみです。
日本人の7割は仮性であると言われていますが、仮性については保険の適用外です。

 

この理由は真性やカントンの場合、包皮が剥けていない為に日常生活に支障をきたすとみなされるからです。
皮を剥くことが出来ないのできちんと洗浄するのも困難なため、清潔を保つのが難しい。
その為細菌症に感染するリスクも高い、また酷い場合は痛みが強く性行為も出来ないケースもあります。
こういったことから、真性状態を回避することは保険の適用とされるのです。

 

保険適用になると自己負担は3割になるので、泌尿器科の病院で手術を受けると3~5万円程度に費用で済みます。
これは初診料やその後の治療費を含んだものです。
しかしこの場合は真性包茎状態を回避することが目的なので、術後の状態の綺麗さといった観点はあまり期待できないのが現状です。手術は環状切開術で行われることがほとんどですが、これはその後いわゆるツートンカラーになる可能性が高いものです。
保険適用内での手術では見栄えな関係ないので仕方ないのですが、こうしたリスクがあることも覚えておきましょう。
経験や実績の多い泌尿器科ではまた違う結果になるかもしれません。
情報を多く集め、納得のいく病院で施術するようにしましょう。

 

仮性包茎は保険が適用されないので、全て自由診療の全額負担となります。
また真性の場合でも、仕上がりの綺麗さを求め美容整形で手術を受ける場合も自由診療です。
美容整形での手術は約15~30万円程度。
傷跡が目立たない亀頭直下法も選べますし、縫合方法もとける糸を選べるといった選択肢が広がります。
自然な仕上がりを求めたい、皮の長さも自分の好みにしたいといった希望がある場合は美容外科での手術も検討してみましょう。

 

男性にとっては非常に大事な器官となるので、後悔のないようにしたいですね。