包茎には三種類

 

仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の解説

 

包茎には三種類あり、手術や治療が必要なタイプと、特別な治療は必要がないケースがあります。
真性包茎は、包茎の中でも最も重症度が高く、平常時と勃起時のどちらも皮を剥く事が出来ません。
衛生的に問題が多く、勃起の膨張で苦痛が生じる事もあるので、手術や治療が欠かせない包茎のタイプといえます。

 

一方の仮性包茎は、通常皮が被っていても、手を使えば皮が剥ける事が真性と大きく違う特徴になります。
また、勃起しても締め付ける状態にはならないので、包茎といっても手術の必要性は低いと考えられます。
ただ、皮が被った状態が衛生に影響を与える点は、真性やカントン包茎と共通しているので、定期的に皮を剥き丁寧に洗浄する事が求められます。

 

最後のカントン包茎は、平常時に皮を剥く事が出来ても、一度勃起すると締め付けて皮が剥けない事が真性との最大の違いです。
カントンは、日常生活で困る事はありませんが、性行為を行う場面になれば、その状態が恥ずかしさや行為の難しさに直結します。
無理な勃起状態が長時間続けば、皮の締め付けがうっ血を引き起こすので、患部が腫れたり重大な問題に繋がる危険性があります。

 

真性やカントンだけではなく、仮性も必要があると判断されれば、手術と治療で改善する事が可能です。
手術の方法は、患部の余った皮を切除したり、自然な仕上がりになる縫合の手法が複数あります。
手術に頼らない治療法としては、器具を使って皮に癖を付けるやり方はあるものの、深刻な症状には適さない事が難点です。

 

更には、長期の治療期間が必要な事も欠点なので、直ぐに結果を得たい場合には適さない選択肢です。
直ぐに悩みを解決したり、自慢のペニスを手に入れたいのであれば、手術を選ぶ事が効果的で実現性が高い方法になります。
安全性は不安に関わりますが、手術の技術は高度に発達しているので、後は信頼出来る医療機関と医者を選ぶ事により、安全に美しく綺麗に剥けるペニスが得られます