包茎矯正器具による治療

 

包茎矯正器具の効果について

 

包茎の手術をするまでではないけれども、治療を受けてみたいという方も多いかもしれません。包茎矯正器具による治療は、一般的には、真性包茎には向かないといわれていますので、器具を使って状態が改善できそうかどうか、専門のクリニックを受診して相談してみてはいかがでしょう。クリニックで治療をする場合には、ほとんどが手術での治療になりますので、包茎矯正器具を試す場合には、自分で器具を購入して試すことになります。

 

包茎矯正器具は、最近ではインターネット通販でも手軽に購入することができるようになりました。通販で購入すると、費用の面では安価に済ませることができますし、他人に知られずに自分のペースで使うことができるメリットがあります。

 

包茎矯正器具として広く使われているのは、包皮をめくれた状態に固定することができるリング状の器具です。亀頭を露出した状態にすることができ、徐々に状態を改善していくものです。半年から1年程度気長に続けているうちに改善することが多いようです。気を付けなければいけない点として、リングの締め付けが強すぎると、うっ血したり、リングに伸縮性がないと、勃起したときに締め付けられてしまうなどのリスクがあります。

 

その他に、シールや接着剤を使って包皮を剥く、クセをつける商品も販売されています。リングと違って締め付けがないことと、目立たないため、他人に気づかれにくいメリットがあります。その反面、シールや接着剤を直接肌につけるため、使い続けるうちにかぶれなどの炎症を起こして、包皮を傷つけてしまうリスクがあります。また、包茎矯正器具を使ってもあまり効果が実感できないケースもみられますので、シールや接着剤を購入する際には、最初は少量を購入して、効果を確認するとよいでしょう。最初のうちは、間隔を空けながら、皮膚に異常が出ないかどうか確認するのがおすすめです。トラブルが起きてしまったときには、すぐに専門医を受診しましょう。