包茎を手術するかどうか

 

包茎は手術で治すべきなのか?

 

包茎を手術するかどうか、このことについて日本人の男性の多くが一度は悩んだ経験があるでしょう。中には包茎手術などする必要はないと初めから考えている人や、やっぱりいつかは包茎手術をしてしまいたいと考えている人、気にはなるけれど周りの人の様子をうかがって、手術や何かしらの治療をする人が多くを占めたり、多くの人に進められてよさそうだったら自分もやってみようと考えている、受け身的な人などさまざまな考えを持っている人がいます。

 

しかしながら、実際に包茎の治療とはどのように行われるのか、よくわかっている人はそれほど多くありません。とてもデリケートな問題なので知人や家族に相談することはとても気が引けると一般的に考えられています。そこで大抵の人はインターネットで検索して自分がはたして本当に包茎なのか、そしてそれを手術あるいは何かしらの治療をするべきなのか調べます。

 

そこで多くの人が日本人の包茎の割合についてのデータを目にすることになります。それは日本人の成人男性の60〜70パーセントが仮性あるいは、真正の包茎であるという事実です。ここで多くの人は自分はマイノリティーではなかったことに気付いて安心し、それ以上この問題についてあれこれ考えることをやめるようです。

 

しかし、中にはこのデータを見つけられなかった人や、自分のペニスに強いコンプレックスを持っている人は更に次の段階に進みます。つまり実際に手術をしてしまうということです。

 

これはペニスを覆っている皮をメスなどで切り取り適切な長さに皮を調節することです。実は、現在この手術は必ずしもした方がいいという訳ではありません。ペニスが皮を被っていても、自分で皮をめくることができ、清潔に保つことができれば特に手術などをする必要はないとされています。しかし、どうしても気になる、もしくはしなければ気が済まないという人は治療をしても全く問題はありませんし、むしろ当人の精神的な面で自信が付いたり、コンプレックスが解消されることにより不安が一つ解消されるというメリットもあるということを忘れてはいけません。