包茎手術・包茎治療の種類

 

包茎手術・包茎治療の種類

 

包茎とは男性のペニスにおいて包皮と呼ばれる皮が亀頭に覆いかぶさり、亀頭が外部に露出されていない状態をいいます。これは主に3つの形態が存在します。

 

まず1つ目は日本人に最も多いとされる仮性包茎です。これはペニスの大きさに比べて包皮が大きい状態で余っているため、勃起していない時には包皮が亀頭に覆いかぶさっている状態をいいます。この場合、性行為の際に勃起すると亀頭を露出することができ、また勃起していない時でも自分で包皮をむくことができます。

 

続いて2つ目は真性包茎です。これは包皮と亀頭が癒着して、包皮がむけない状態をいいます。この場合は性行為の勃起時に包皮がむけることはなく、さらに自分で包皮をむくこともできません。無理やり包皮をむこうとすると亀頭に炎症が起こったり、傷ついて出血が起こったりします。

 

最後に3つ目はカントン包茎です。これは包皮の開口部が狭いため亀頭が外に露出することができない状態をいいます。これも無理やり包皮をむこうとすると亀頭が傷つくことがあります。

 

治療法に関してですが、真性包茎とカントン包茎の場合には基本的には手術が行われます。仮性包茎でも見た目が気になったり、恥垢やにおいが気になる方には手術が選択されることがあります。
ここからは手術の方法について解説します。

 

最も盛んに行われているのは亀頭直下法です。これは余剰包皮を切除し、それを亀頭の下の部分の包皮と縫合する方法です。この場合傷も目立たなくなるため仕上がりの見た目がいいのがメリットです。しかしこれは医師の腕に仕上がりが依存する面が大きいので、身長に医師を選択するようにしましょう。

 

そして根部形成法というものがあります。これは包皮余剰分を根本でペニスの切除し、根本で縫合する方法です。これも傷跡は目立ちにくい方法です。その他クランプ法や中央部環状切開縫合法といった古い術式を行う場合もあります。さらに包皮余剰分が少ない場合にはノン切開法という、切開を行わず、縫合のみを行う方法もあります。
医師と相談し自分にあった治療法を選択するようにしましょう。