包茎手術を受けようと思ったら、クリニックと泌尿器科があります。

 

クリニックと泌尿器科で包茎手術は受けられるの?

 

この両者の違いはどこにあるのでしょうか。

 

クリニックの場合、見た目には手術を行ったことがわからないというメリットがあります。これは見た目でわからない、ということを重視する患者さんが多いことが理由です。専門的に包茎の手術を行っているので症例数も多く、その安心感も大きなメリットの一つです。デメリットは費用が高額になってしまう点です。健康保険を利用して行うことが出来る包茎手術の場合でも、クリニックで行う場合には健康保険が利用できず、全額自費での負担となってしまいます。そのため、費用は10万円〜30万円ほどかかってしまいます。

 

それに対して泌尿器科は、真正包茎やカントン包茎の場合には正常な性交渉が出来ない可能性があるため健康保険で手術を行うことが可能になるので、自己負担額は1万円〜3万円程度とクリニックの半分以下の価格で治療をすることが出来ます。また日本全国の泌尿器科で治療を受けられるため、専門のクリニックが近くにない可能性がある地方の人にも行きやすい環境にあります。デメリットとしてはあくまでも泌尿器科のため、治療の一環となるのでクリニックのような綺麗な仕上がりを求めることが難しいという点です。また、健康保険が利用できる手術は背面切開術という狭い範囲の皮を切り取る手術のため、出来上がりは軽度の仮性包茎になります。仮性包茎の場合には健康保険が利用できないので、その場合には泌尿器科でも全額自費負担をしなければなりません。

 

クリニックにも泌尿器科にもメリットとデメリットがあります。常に亀頭が露出した状態で、手術跡がわからないように綺麗な仕上がりを求めるならばクリニックを、真正包茎でなるべく費用を安くあげたい場合には泌尿器科を選択する人が多いです。自分がどちらを望んでいるかをはっきりさせて、どちらで治療を受けるのかを決めるようにしましょう。